美容・コスメ

【限定発売】MARKS&WEBのハンドローションは白ラベルで可愛い《レビュー》

乾燥の気になる季節がやってきました。保湿の中でもハンドケアは誰もが一番かかさずやってるのではないでしょうか?私は気に入ったら何でもとことん使うタイプ。前にもご紹介してますが「MARKS&WEB」のハンドローションをもう6・7年は愛用しています。

「MARKS&WEB」は日本のブランド。全国に78店舗(2018年12月調べ)展開していて、厳選したオイル・ハーブなどを植物原料としたフェイス・ヘア・ボディケア用品を企画販売しています。「MARKS&WEB」ではこれらのケア商品を総称して「ボタニカルアイテム」と呼ぶそう。都内のおしゃれなショッピングモールの一角には必ずといっていいほどショップを見かけますよね。シンプルで品があるロゴやラベルそして程良いアロマなど、私も大好きです。

長年のファンなので、ハンドクリーム・ハンドローションは全種類使いました。初めて買ったのはコチラ↓。ラベンダーとゼラニウムの花の香り。私が白インテリアに凝っていた時代に使っていて、ほぼパッケージでこちらを選びました。ラベンダーの香りに癒されます。香りの苦手な方には無香料タイプもありますよ。テクスチャーが軽いのが私好み。何よりポンプ式なので水仕事の後や外出前にサッと塗れるのが良い!ボトルが透明で残量がはっきり分かる所が良いのですが、残り少なくなってくると見た目的には寂しい感じになるので好みが分かれるかもしれませんね。詰め替え用は230mLと1000mLの2種類があり価格もボトルより安いです。

 

そして、白がなんとなく飽きた私にブラウンボトルのブームがジワジワやってきて(というか世の中的にも多分こういうブラックを取り入れた男前インテリアが流行り始めたりしていた。。)その時にちょうどこちらが発売されて乗り換えました。ラベンダー精油とローズマリー精油の香りでスッキリ感が強いかな?このブラウン×ブラックのボトルがかっこよくてたまらない。。詰め替え用は280mLと1000mLの2種類があります。

 

そしてお待たせいたしました!今回紹介したい「限定発売」のコチラ。ブラッドオレンジ精油とパルマローザ精油がブレンドされたハンドローション。本当はいつもの詰め替えを買うつもりでショップに行ったら、この新商品が売っていて店員さんにすすめられました。もれなく「限定」には弱い私。。何よりこのボトル可愛すぎません?ブラウンボトルにホワイトのラベルって、、もう即買いですよ。香りは柑橘系であたたかみのある香りなので冬にピッタリ!こちらは「MARKS&WEB」の公式ページか店舗のみの販売。数量限定なので詰め替え用はありません。

ハンドローションのボトルを比較すると、こんな感じです。

うーん。どっちも素敵で迷う。

今までご紹介した「ハンドローション」は、香りやボトルデザインはそれぞれ違いますがテクスチャーは一緒で、軽めの乳液タイプです。こっくり・しっとり派の方には物足りないかもしれませんが、私は家事の合間にちょこちょこ塗りたい派なので、ポンプ式であるのと軽い塗り心地が最高!ボディにも使えるから腕や足全体にも。軽くてのびが良いので寝る前にはひじやかかとを中心にサーッと塗っています。乾燥からくるかゆみも防いでくれますよ。

ボトルのデザインが良いのでドレッサーに置いていても映えます。シンプルなので主張しすぎません。白いドレッサーに今回の限定ラベルがピッタリで一人でニヤニヤしてしまいました。

持ち歩き用にはチューブタイプの「ハーバルハンドクリーム」。ゼラニウムとカモミールの甘い香りでハンドローションよりしっとり感があります。携帯するにはちょうど良いサイズ。

私はもともと強い香りは苦手なのですが植物の自然な香りなので使いやすく、アロマテラピーの効果も感じられて癒されます。「MARKS&WEB」はタオルや雑貨類も素敵で愛用しているのでそれはまたの機会にご紹介しますね。

▼ここまで読んで下さってありがとうございます。足跡がわりにクリックを▼

ブログランキング・にほんブログ村へ  

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です